ソープ嬢の日常話♪

 

ネットの風評被害

なんとこの度、インターネット上で私の同僚に当たる姫(池袋の風俗嬢)が思いっきり叩かれているのだそうです。

 

私自身はPCは持たず、ブログなども携帯からの更新ですから、こうした掲示板などを目にする機会が全くないんですけど、どうやら、地雷姫であると叩かれているのだそうです。

 

こういう掲示板の話題って、いくら火消しをしようとしてももう噂が一人歩きしてしまって取り返しが付かないということがよくあります。まあ、風評被害ですよね。

 

ただ、こういうこと、根も葉もない噂であればまだなんとかなるとは思うんだけど、ソープ嬢だって人間だし、やっぱり気に入らないお客さんとか、ちょっと虫の居所が悪かったりっていうこともあるだろうし、なかなかいつもニコニコ、完璧な仕事をします! というわけにもいかないこともあります。

 

でも、私から見ると本当にいい子で、とっても優しく、よく気がつく子なんです。

 

でも、多分、お客さんに嫌な事をされたんじゃないでしょうか。それで、それに対してテンションが下がってしまい、ついついサービスも手抜きになってしまっていると。

 

でも、私はそういう嬢は否定しません。だって、ひどいお客さんは本当にひどいお客さんなんですよ。

 

だから、そういう風に書きこみをしているようなお客さんは、大抵ろくでもないんだと断言できます。

 

普通のお客さんだったらだって、わざわざそんなこと書かないですよ。

 

一応、削除依頼を出したんだけどどうなのかな…

ソープ嬢の重い十字架

ソープ嬢が結婚を決める、ということはかなり大きな決断です。だって、考えてもみてください。ソープ嬢が結婚することには、大きなリスクが伴うんですよ。まず、今している仕事は絶対に辞めなくてはなりません。それはしょうがないとして、あとは過去を旦那に伝えるかどうか、という問題が残っています。お客さんと結婚するならまだしも、今までソープ嬢であることを隠して付き合ってきたとしたら、言うか言わないかはかなり大きな問題です。

 

私の新宿のデリヘルで働いていたお友達にも結婚をした女の子がいたのですが、この子は過去を伝えることはしていませんでした。で、ある日のこと…

 

「旦那がいなくなっちゃった…」

 

え?!

 

とりあえず、この時点では事故とかに巻き込まれている可能性も考えて、警察に届けを出すなり、あとは心当たりのあるところに片っ端から電話して、携帯にも電話をして、…と、できることを伝えて、とにかく彼女を落ち着かせようとしていました。

 

結局、最終的には旦那は見つかり、離婚が確定したそうです。何でも、馴染みの台湾人女性と一緒に台湾に黙ってあそびに行っていたのだそうです。

 

この時は、彼女の過去は関係がなく、単に旦那の浮気から、離婚することになったのでよかった(?)のでしょうが、こういうことがあったとき、昔風俗で働いていた女性というのは、自分の過去を呪うのです。一生、その十字架を背負って行きていくのですが、その十字架の重さに気づくのは、ずっと後のことなのです。

 

横浜のデリヘル探し

おすすめデリヘル店

新宿発 デリヘル 人妻 『アルカディア』
新宿の人気デリヘル。新風営法届出済み20代可愛い専門風俗。 横浜デリヘルはY-CUTE